※当サイトはアフィリエイト広告を掲載しています。

早田ひな 学歴詳細:小学校からプロ卓球選手への道のり

オリンピック選手
スポンサーリンク

早田ひなさんは、日本を代表する卓球選手として多くのファンに愛されています。この記事では、「早田ひな 学歴」に関心を持つ方々に向けて、彼女の学歴と卓球キャリアを詳しくご紹介します。まずは、早田ひなさんのプロフィールから始め、出身小学校、中学校、高校と大学に至るまでの学歴を見ていきます。彼女の卓球選手としての成長過程や、学業との両立についても詳しく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

1️⃣早田ひなのプロフィールと卓球選手としての経歴
2️⃣早田ひなの出身小学校、中学校、高校の情報
3️⃣早田ひなの卓球キャリアの成長過程と重要な出来事
4️⃣早田ひなが大学に進学せずプロ卓球選手になった理由とその後の活躍

早田ひな 学歴の詳細

・早田ひな プロフィール
・早田ひな 出身小学校
・早田ひな 出身中学校
・早田ひな 出身高校と出身大学

早田ひな プロフィール

早田ひなさんは、日本を代表する卓球選手として知られています。彼女は2000年7月7日に福岡県北九州市で生まれました。現在、身長は166cmで、血液型はA型です。幼少期から卓球に親しみ、その才能を開花させました。

卓球を始めたのは4歳のときで、地元の名門クラブ「石田卓球クラブ」に通い始めました。実際、彼女の卓球の才能はすぐに認められ、小学校2年生の時には全日本卓球のバンビの部で全国大会に出場するほどでした。

早田ひなさんは、左右両手での強力なドライブショットが特徴です。プレースタイルは非常に攻撃的で、特にフォアハンドの威力は世界中の選手たちからも高く評価されています。また、その身長を活かしたダイナミックなプレーも魅力の一つです。

高校卒業後は大学に進学せず、日本生命レッドエルフに所属しています。プロとして活動し始めた彼女は、国内外のさまざまな大会で数々の優勝を収めてきました。2020年の全日本選手権ではシングルスで優勝し、さらにその実力を示しました。

私生活では、食事やトレーニングにも非常に気を遣っており、特に筋持久力を鍛えるトレーニングに力を入れています。家族のサポートも大きく、特に姉が栄養士の資格を取得して食事面で支えてくれています。

早田ひな 出身小学校


早田ひなさんの小学生時代
stillness

早田ひなさんの出身小学校は、福岡県中間市にある中間市立中間東小学校です。ここで彼女は基礎的な学びとともに、卓球の技術を磨き始めました。4歳から卓球を始めた早田さんは、この小学校時代から地元の卓球クラブに通い、卓球ノートを使って課題を細かく記載するなど、真剣に取り組んでいました。

中間市立中間東小学校は、地域に根ざした公立小学校であり、早田さんも普通の子どもと同じように学校生活を送りながら、卓球の練習に励んでいました。彼女の父親は元サッカー選手であり、その身体能力の高さは父親譲りとも言われています。

小学校2年生の時には、全日本卓球のバンビの部で全国大会に出場するなど、すでに卓球選手としての頭角を現していました。この頃から、練習だけでなく試合でも結果を残すことで、自信をつけていったようです。


早田ひなさんが小学6年生の時の写真 赤いユニフォームが早田ひなさん
真ん中は伊藤美誠さん
stillness

また、彼女は遠征の際に、幼少期から使っていたお気に入りの黄色い毛布を持ち歩くことで知られています。この毛布は「グレー」と呼ばれるほど使い込まれていますが、遠征先でも安心して眠れる大切なアイテムです。

このように、早田ひなさんの小学校時代は、卓球の基礎を築いた時期であり、彼女の卓球人生の重要な出発点でした。学校生活と卓球の両立を図りながら、将来の大きな飛躍に向けての準備をしていたのです。

早田ひな 出身中学校


中学生時代
stillness

早田ひなさんの出身中学校は、福岡県にある中間市立中間東中学校です。ここでの3年間は、彼女の卓球キャリアにおいて非常に重要な時期でした。中学校に入学すると、卓球にさらに本格的に取り組むようになり、全国大会でも目覚ましい活躍を見せました。

早田さんは中学2年生の頃から身長が急激に伸び始めました。これにより、それまでのプレースタイルが通用しなくなり、新たなスタイルを模索することとなりました。この時期に、彼女は中国のトップ選手である丁寧選手のプレースタイルを参考にするようアドバイスを受け、台から少し離れてプレーするスタイルに変更しました。これが彼女の新しい武器となり、卓球のスキルを一段と向上させました。

中学3年生になると、丁寧選手から直接指導を受ける機会もあり、この経験がさらに彼女の成長を促しました。この指導により、彼女は自身の長い手足を活かしたダイナミックなプレースタイルを確立し、全国中学校卓球大会で2連覇を達成するなど、数々の大会で優勝を果たしました。

また、この時期にはジュニアの日本代表にも選出され、国際舞台での経験も積みました。ライバルである伊藤美誠さんや平野美宇さんとともに、日本の卓球界を牽引する存在として注目されるようになりました。

早田ひな 出身高校と出身大学


高校2年生の時、世界卓球2017ドイツ大会に
伊藤美誠さんとのダブルスで出場し銅メダルを獲得
stillness

早田ひなさんの出身高校は、福岡県にある希望が丘高校です。この高校は1968年に開校した私立の共学校で、総合学科や自動車科を設置しています。早田さんは中学校卒業後、この高校に進学しました。

高校時代も早田さんの卓球キャリアは順調に進展しました。高校1年生のときには全国高校総体(インターハイ)でシングルス優勝を果たし、これは希望が丘高校の先輩である加藤美優さん以来4年ぶりの快挙でした。また、オーストラリアオープンでもワールドツアー初優勝を遂げ、国際舞台でもその実力を証明しました。

高校2年生になると、伊藤美誠さんとのダブルスペア「みまひなペア」としても注目を集め、スウェーデンオープンでは世界ランキング1位と2位の中国ペアを破り優勝するなど、国際的な活躍を見せました。早田さんは高校3年間で多くのタイトルを獲得し、その成長ぶりは目覚ましいものでした。

高校卒業後、早田さんは大学には進学せず、日本生命レッドエルフに所属することを選びました。これは、プロとして卓球に専念するための決断であり、彼女の卓球キャリアをさらに飛躍させるものとなりました。2020年には全日本選手権でシングルス優勝を果たし、その実力を改めて示しました。

このように、早田ひなさんの高校時代は、彼女が国内外で大きな成果を上げた時期であり、その後のプロとしての活躍につながる重要なステップとなりました。

スポンサーリンク

早田ひな 学歴と卓球経歴

・早田ひな 学歴まとめ
・中学時代の卓球エピソード
・高校時代の卓球エピソード
・大学進学せずプロ卓球選手へ

早田ひな 学歴まとめ


THE ANSWER

早田ひなさんの学歴は、彼女の卓球キャリアと密接に結びついています。福岡県北九州市出身の彼女は、地元の公立小学校である中間市立中間東小学校に通い、その後中間市立中間東中学校に進学しました。小学校時代から卓球を始め、中学時代には全国大会で活躍するなど、早くからその才能を発揮していました。

中学卒業後は、福岡県の私立希望が丘高校に進学しました。この高校では卓球部に所属し、高校1年生で全国高校総体(インターハイ)でシングルス優勝を果たしました。また、国際大会でも数々の成績を残し、特に伊藤美誠さんとのダブルス「みまひなペア」として多くのタイトルを獲得しました。

高校卒業後は大学には進学せず、プロ卓球選手として日本生命レッドエルフに所属しています。彼女は国内外の大会で活躍し続けており、その成長は今後も期待されています。このように、早田ひなさんの学歴は、卓球選手としてのキャリアと深く結びついていると言えます。

中学時代の卓球エピソード


Nittaku

早田ひなさんの中学時代は、彼女の卓球キャリアにおいて非常に重要な時期でした。中間市立中間東中学校に進学した彼女は、ここでさらに卓球に本格的に取り組むようになりました。中学2年生の頃から身長が急激に伸び始めたことで、それまでのプレースタイルが通用しなくなり、新たなスタイルを模索する必要がありました。

コーチのアドバイスを受けて、中国の丁寧選手のプレースタイルを参考にするようになり、台から少し離れてプレーするスタイルに変更しました。これにより、彼女は自分の長い手足を活かしたダイナミックなプレースタイルを確立し、ドライブの威力を一層強化することができました。

また、中学3年生の時には丁寧選手から直接指導を受ける機会があり、この経験が彼女の成長を大きく促しました。この指導により、卓球台から離れてプレーするスタイルがさらに磨かれました。中学校時代には全国中学校卓球大会で2連覇を達成し、ジュニアの日本代表にも選出されました。

このように、中学時代は早田さんが卓球選手として大きく成長し、新しいプレースタイルを確立する重要な時期でした。彼女の努力とコーチの指導が結びつき、その後の卓球キャリアに大きな影響を与えました。

高校時代の卓球エピソード


FRaU

早田ひなさんの高校時代は、彼女の卓球キャリアにおいて重要な飛躍の時期でした。福岡県の希望が丘高校に進学した早田さんは、卓球部に所属し、高校1年生の時に全国高校総体(インターハイ)でシングルス優勝を果たしました。この優勝は、学校の先輩である加藤美優さん以来4年ぶりの快挙でした。

この時期、早田さんは国内外の大会で数々の成果を収めました。特に高校2年生の時には、スウェーデンオープンで伊藤美誠さんとのダブルス「みまひなペア」として、当時の世界ランク1位と2位の中国ペアを破り優勝するという偉業を成し遂げました。この結果、彼女たちのペアは国際的にも注目される存在となりました。

また、高校時代は身長がさらに伸び続け、筋トレをしながら体幹や下半身の持久力を強化するトレーニングにも力を入れていました。食事面でも和食中心にし、海外遠征時には小型炊飯器やドライ米を持参するなど、体調管理に気を遣っていました。

これらの努力と経験により、早田さんは高校時代を通じて大きな成長を遂げました。この時期の活躍が彼女のプロ卓球選手としての基盤を築き、さらなる飛躍につながったのです。

大学進学せずプロ卓球選手へ


西日本新聞

早田ひなさんは、高校卒業後に大学には進学せず、プロ卓球選手としての道を選びました。彼女は日本生命レッドエルフに所属し、プロとしてのキャリアをスタートさせました。この選択は、卓球に専念するためのものであり、彼女のさらなる成長と活躍を目指すものでした。

プロとしての活動を始めた早田さんは、国内外のさまざまな大会で目覚ましい成果を上げています。特に2020年の全日本選手権では、シングルスで初優勝を果たし、その実力を改めて証明しました。この優勝は彼女にとって大きな自信となり、以降の活躍に拍車をかけることとなりました。

プロの道を選んだ早田さんは、食事やトレーニングにおいても徹底した管理を行っています。姉が栄養士の資格を取得し、食事面でサポートしていることも大きな支えとなっています。筋トレを通じて筋持久力を鍛え、身体のコンディションを維持する努力を惜しみません。

大学進学せずにプロ卓球選手としての道を選んだことで、早田さんは自分のペースでトレーニングに集中し、大会に挑むことができるようになりました。この選択が彼女の成長を促し、今後のさらなる飛躍に繋がることを期待されています。

早田ひな 学歴詳細:小学校からプロ卓球選手への道のり まとめ

この記事のポイントをまとめます。

  • 早田ひなは2000年7月7日生まれ、福岡県北九州市出身
  • 4歳から卓球を始め、石田卓球クラブに通い始めた
  • 出身小学校は福岡県中間市立中間東小学校
  • 中学校は中間市立中間東中学校に進学
  • 中学時代に全国中学校卓球大会で2連覇を達成
  • 高校は福岡県の希望が丘高校に進学
  • 高校1年生で全国高校総体(インターハイ)シングルス優勝
  • 高校卒業後は大学に進学せず、日本生命レッドエルフに所属

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました